写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

バドワイザー

DSC02320_20160812045441896.jpg

チェスケ・ブジェオビツェ、チェスキー・クルムロフ、プルゼニ。
この3つの地名でビールが浮かぶ人はかなりの通。
DSC02480_2016081204544137f.jpg

ビールはメソポタミア時代からあるとされるが、実は黄金色のビールが飲まれるようになったのは、たったの700年前から。
チェコのプルゼニで下面発酵のビールが生まれ、それらがプルゼニのドイツ語読み=「ピルスナー」となって全世界へ広まった。
DSC01493.jpg

更にアメリカに渡ったチェコ人が、故郷の味を再現しようと作ったビールがバドワイザー。でも、チェスケ・ブジェオビツェこそが元祖バドワイザーという商標で売っていたことから、国際裁判にまで発展した。
DSC01475.jpg

その元祖バドワイザーの味が、憎らしいほど素晴らしかった。
白も味わい深くて美味しいが、黒を体内に浸み渡らせた瞬間、脳にガーンという激痛が走る。
黒ビールとしてのしっかりした味は勿論だけれど、ギネス(アイルランド)のような甘味が全く無く、どっしりと苦みが残った。
日本には、世界には、美味しい黒ビールが沢山ある。
東京ブラック、エビスブラック、アサヒブラックの国内組、ポラール(ペルー)、アンコール(カンボジア)、カラファテ(アルゼンチン)
、クンスマン(チリ)、アラスカン(アメリカ)、レッフェ(ベルギー)など。
でも、今まで飲んだ、どの黒よりも美味い。
生バドワイザーの黒。
苦みと重み、そして黒ビールとしては、とても難しいであろう透明感と清涼感が同居する味。
DSC02600.jpg

チェコがビール発祥と言われる所以を味で知らされた。
僕の中の黒ビールナンバーワンが変わりました。
                ノムラテツヤ拝
DSC02525.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プラハの夜 | ホーム | アイスランド人>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |