写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ボタニクス

DSC01526.jpg

ラテン語で「植物」を意味する「ボタニクス」。
チェコ・プラハ郊外の小さなオストラー村が、脚光を浴びているという。
DSC01562_20160814044544485.jpg

1992年に誕生したナチュラルキンケアブランド「Botanicus」。
東京ドーム6倍の自社有機農園で、製品のすべての草花・果実が大切に育てられているという。
DSC03074_20160814044543d73.jpg

後世に残されていくもの、これはどんな世界でも自然に逆らわず調和し、溶け合ったものに限る。
DSC03077.jpg

この目で現場を見ようと出かけると、ボタニクス村が出来ていた。
手をかけて作ったもの、それらを昔ながらの方法で抽出し、そしてそれらをスキンケアを始め、石鹸、シャンプーなどにする。
自然界のものだけを使用するのだから、副作用もないし、何よりも気持ち良い。一昔前、日本の某化粧品会社が世界中の女性の肌の調査を行った。
様々な仕事に従事する人、そして色々な化粧品を使う人たちを調べた結果、最も肌が美しいとされた人は、修道女。
旬で質素な食事、祈りの日々、そして化粧品は一切使わず水だけ。
慌てて、この調査は公表されることなくお蔵入りとなった。
すべてはバランス。どれが良いってものは無いけれど、一つだけ確かなものがある。それは体が気持ち良いと感じるものを使うこと。
DSC03148_20160814044603287.jpg

その一つの選択がこのボタニクスにあるのかもしれない。
DSC03086.jpg

日本だとチェコの5倍~10倍もするというから驚いてしまった。
村の中には体験場もあり、子供たちがキャッキャ言いながら、石鹸やローソクを作っていた。
DSC03097 (2)

身の回りにあるもの、普段使うもの、少なくて良いので、自分がワクワクするものを使えたらと思える体験だった。
                  ノムラテツヤ拝
DSC03123_20160814044604dec.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<モラビア | ホーム | 神のビール>>

コメント

こんばんわ!!
「ボタ二クス」とても気になっていました。
最近よくドラッグストアやバス停の広告でよく見かけていたので。
石けんとか植物が大好きでもあり、オーガニックコットンの会社で働いているので、とても興味深い記事でした!!
チェコ・プラハ郊外の小さな村だったなんて!!
勉強になりました。
2016-08-20 Sat 23:56 | URL | ライラック [ 編集 ]
良かったです。
とっても静かな小さな村にひっそりとありました。
素敵でしたよ。
         のむらてつや拝
2016-08-23 Tue 18:08 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |