写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

世界の絶景カレンダー

calendar.jpg

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」というベストセラー本を御存知だろうか? 
世界中の写真家たちの作品を使用して、絶景の行き方やそこに隠された薀蓄などが封じ込められた本。
著者は詩歩さん。
毎年、壁掛けの大型カレンダーが作られるのだけれど、2017年度版の「ウィング 死ぬまでに行きたい世界の絶景 世界版」に2枚の写真が使われることになった。
1枚は南アフリカのナマクワランド。燃えるような花園の中、レットハーテビーストが歩いていくカット。
DSC_3997_20160904164305666.jpg

もう一つはナミビアの奇跡の砂漠、デッドフレイの朝日だ。
絶景でも、驚愕の風景でも、死ぬまでに見たい光景でも、何でも良い。大切なことは、自分でその行きたい気持ちを大切にして日々膨らませ続けること。そしてもしその絶景の前にしたら、全身で丁寧に光景を感じること。その感動によって、自分自身がいい風に変わっていくと信じている。
                ノムラテツヤ拝
DSC_6183.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブレッド湖 | ホーム | 世界一古いワイン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |