写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

塩の聖地

DSC07005.jpg

スロベニアからオーストリアのザルツブルグへ。
サウンドオブミュージックの舞台、そしてモーツァルトの生まれた町だ。
映画に出てきた「緑のトンネル」を抜け、美味しそうな海老に舌鼓。
DSC01891_20160907042833a2c.jpg

DSC01919_201609070428324f3.jpg

中央広場には、未だに分からぬ大道芸人。一体どうやって浮いているんだろ?
DSC01933.jpg

そして立派なレジデンツ(ザルツブルク大司教公邸)が誇らしげに建つ。
DSC01941.jpg

ザルツブルグは、訳すと「塩の城」。
メディチ家の親戚にあたる大司教が、その実権を握り栄華を極めた。
次に向かったのが、ハルシュタット。
ここもまた意味は「塩の場所」。ローマ時代以前より、背後の山から貴重な塩を採掘した。
教会に入ると、身体が小刻みに震える。ここはもしや? そうゼロ磁場だ。
DSC06644.jpg

十字架も、塩の結晶の中に火がともされる作り。
DSC06654_201609070428486ea.jpg

聖なる塩の山を祀り、メディチ家はこのゼロ磁場を守るため、ハルシュタットの湾内に教会を建てたのだろうか・・・・・?
外へ出ると、七色の太陽が輝き、緑の森をキラキラ浮かび上がらせた。
気持ちを一点に集中して、シャッターを押す。
僕の意識は消え去り、天から一本の光が教会を照らし出した。
               ノムラテツヤ拝
DSC06873.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブータン講演会定員間近 | ホーム | ブレッド湖>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |