写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

すべてが止まる瞬間

DSC01761_20161005140430ea7.jpg

地図とにらめっこ。
初日に船と影の位置関係を学び、翌日に島を一周して地形を知った。
さぁ、これからが本番。
今まで撮影したもので、一枚として僕と島と海の波長があったものは無かった。
何時ごろ、何処で、どんな角度から撮ると最も美しく見えるのか?
天気予報図からも、光の加減、風の強さなどを読んだ。
よっし、自分なりにイメージが掴めたので、翌朝、目的の場所へ向かった。
まだ船は一艘しか来ていない。
DSC02245.jpg

風もピタリとやみ、波も凪いでいる。
僕は目を瞑って、海と島に手を合わせた。
さぁ、昨日計算した時刻がやってくる。
DSC02282.jpg

一艘、また一艘と湾内に入り、花崗岩の海底岩盤が、ブレることなく黒い影を作る。
すっと船が浮かび上がり、今日も空を飛ぶ。
DSC02346.jpg

風と波が完璧に収まる時を、シャッターに手をかけながら待った。
僕たちが呼吸するように、自然も必ずリズムがある。
深呼吸しながら、海のリズムと僕のリズムを重ねていく。
来た。
DSC02362_2016100514042853a.jpg

僕が海に、海が僕になったとき、すべてのものが停止した。
そしてシャッターが静かに切られた。
船の位置、影、海の色、そのすべてが三位一体となった写真。

DSC02505.jpg
また呼吸が合ってくると、新たな一枚が生み出された。
場所を変えて、今度は船の間近で。
すべてが止んだ瞬間、完璧な飛翔船が出来上がった。
             ノムラテツヤ拝
DSC03051.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<蒼の洞窟 | ホーム | 海底の謎>>

コメント

動画の方も拝見しましたが、ひっきりなしに船が行き来してますね。
そのなかで、絶妙な瞬間をとらえるのがすごいですね。
環帯になった艦隊が止まる時間帯。
お見事です。
2016-10-05 Wed 21:51 | URL | ずま [ 編集 ]
予想通り、来てくれて良かったです。
有難いことですね。

> 動画の方も拝見しましたが、ひっきりなしに船が行き来してますね。
> そのなかで、絶妙な瞬間をとらえるのがすごいですね。
> 環帯になった艦隊が止まる時間帯。
> お見事です。
2016-10-06 Thu 21:47 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |