写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

飛騨の三賢人

DSC03280_201610131316306b3.jpg

飛騨に三賢人がいる。
時間をやりくりして、ようやく午後から飛騨へ向かった。
まず最初の賢人は「食の神様」。
飛騨式なっとくヨーグルトで農林大臣水産省を取り、飛騨式なっとくキムチで業界を驚かせた。その後、ソーセージや本物の豚肉に取り組み、岐阜はもちろん世界にその名を轟かせている船坂さんだ。
友人の花ちゃんを介して知り合い、今は互いにアミーゴと呼び合う関係。
「おい、アミーゴ、本当に美味しいものっていうのは何だと思う?」
僕が色々な料理の名を挙げていると、頷きながら否定する。
「違うな、本当に美味い物っていうのは食い飽きないもの。毎日でも食べ続けられるもの、それがオレは本物の美味さだと思う」
そう、船坂さんは、それを現在までに体現してきた人。盟友の渡辺文雄さんが病床に倒れた時、スープであれば食べてくれるだろうと飛騨式なっとくいのちのスープを作り出し、渡辺さんの口に涙と共に入った。相手のことを思い、その人の体に一番似合う味を作り出す。
その試行錯誤の量は半端ではなかった。そして、去年のクリスマスに、孫たちに本物のケーキを作ってあげることになった。飛騨式なっとくチーズケーキ。船坂家にはチーズケーキを作る食材がすべて揃っていた。でも、孫たちが一番喜ぶように、何度も何度も配合率を変えて試作する。そしてようやく出来上がったのが2種類。
最初に出てきたチーズケーキは、ほのかな酸味と分厚いチーズの味がドカンとストレートに迫り、今まで食べてきたチーズケーキのどれよりも美味い。思わず目が白目になってしまったほど。もう一種は、さっきよりも迫力はないけれど、まろやかでまあるい味。ギュギュっと詰まった密度は薄く、味も少しだけ軽かった。
DSC03287.jpg

「これが。。。」
「アミーゴ、そういうことや」
船坂さんはいつも言葉でなく、味覚で僕に新たな世界を見せてくれる。
突出して美味しいもの、それは悪く言えば派手にすれば良い。でも毎日食べたいかと問われれば、ノー。反対にちょっと地味な味は毎日でも食べたいと思ってしまう。
「この差は?」
「いろいろあるけれど、最たるは脂質の量だな」
納得の味だった。
毎日食べ飽きないもの、それはまさに旬の家庭料理に行き着くのだ。
「これ、売れるかな?」
「間違いなく売れますよ。東京だったら飛ぶように」
「なら、アミーゴに広報を任せるわ」
というわけで、もしも食べたい方がいらしたら、教えて下さいね。
次回、焼きあがったら、発送しますので。
はぁ、それにしても衝撃のチーズケーキだったなぁ。
DSC03304.jpg

夕方、船坂アミーゴと分かれ、2人目の賢人の家へ向かった。
小椋さん、僕の山の先生であり「自然の神様」だ。
上質な人間とは?上質な家族とは?それをいつも僕に見せてくれる大切な人。
「てつ、ひさしぶりやなぁ~」
久しぶりに握手をすると、やっぱり小椋さんの掌はグローブみたいに分厚かった。
「さっき、取ってきたぞ!」
家に入ると、ひろくんの子供たちがその成果を見せてくれる。
DSC03309_201610131316299d8.jpg

「これって?アレですよね?」
「そう、アレや」
香りマツタケ、味シメジと昔から言われるが、スーパーに売っているシメジはヒラタケという別物。味シメジのシメジは、ホンシメジ
の他には無い。
DSC03314.jpg

まさにキノコの王様というに相応しいその風貌は、野性味溢れる。
以前、5名でマツタケを10キロをたいらげた夜が懐かしい。今日はそれをホンシメジだけでやろうというのだ。
キャッ、テツヤ、嬉しい!!!
DSC03322.jpg

途中から、飛騨の親友・花ちゃんも参加して酒宴は夜中まで続いた。
DSC03331.jpg

翌日は、3人目の賢人。「飛騨の天皇」と呼ばれる秋神温泉の主人、小林繁さん。「智恵(アイデア)の神様」だ。
昨日取れたばかりのマツタケご飯が出され、繁さん、奥様の洋子さんと積もる話に花が咲いた。
DSC03373.jpg

ここでは深く書けないが、山の女神と出逢った話、自然の中で追い込まれた時に、最後にする究極のサバイバル術などに、爆笑した。
いつも10月下旬に催行する「極楽隊」の舞台となる聖地。野生のキノコを始め、真心籠った極楽料理が、山の一軒家で振る舞われるのだ。
DSC03375.jpg

小林ご夫妻と別れ、僕は帰りの車の中で何故か泣いた。
20代の頃、何度も何度も通った飛騨。そこは今日とまったく変わらない神様たちが、いつも笑顔で出迎えてくれた。そしてどうやって生きて行くのかを、味覚、サバイバル術、発想術という違う手段で僕に無償で与えてくれた。
こんな上質な人たちに囲まれ、僕は支えられてきたのだ。
今、自分の思考だと思っていることも、この3人の賢人から貰った体験がベースになっているのだろう。
時間を作って、久しぶりに一人で逢いにきて良かった。
今の自分のやるべきことも、ハッキリと見えた。
尊敬する神様たちと一緒に、これからも沢山のことを学ばせてもらい、それらを愛する周囲に命を賭けて還元していきたいと思う。
今、岐阜駅から中部国際空港へ向かっている。
今日から8日間。日本が世界に誇る「美しき南の島」が舞台となる。
                ノムラテツヤ拝
DSC03382_20161013131658a09.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鹿児島へ | ホーム | 湯之島館>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |