写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

四国へ

DSC04633.jpg

中部国際空港からボンバルディアで一路松山へ。
天候は晴れ。
DSC04705_201611081208383f2.jpg

見事な光景が眼下に広がった。
明石大橋、瀬戸大橋、しまなみ海道が光の海に浮かび上がる。
DSC04740_201611081208370af.jpg

遠く四国最高峰の剣山が天を突くように聳えていた。
DSC04751.jpg

瀬戸内海って、本当に美しいと思う。
DSC04785.jpg

ポツポツ、ぽつりぽつり、島々が海に抱かれている。
松山到着後、保育園で講演させてもらい、午後からはあおぞら園で大人たちに講演。今日も学びの多い有難い一日となった。
夜は愛する増田ご夫妻、娘のあみちゃんと大好きなお店で。
海老、サバ、フグなど、近郊の恵みを頂いた。
DSC04844.jpg

DSC04847.jpg

DSC04850.jpg

DSC04856.jpg

DSC04859.jpg

それにしてもマツタケの土瓶蒸しが異常に美味かったなぁ~
DSC04860.jpg

DSC04864.jpg

翌日はひろちゃんが行ったことがない桂浜へ。
DSC04866.jpg

ここで、ちょうど竜馬像の横に足場が組まれ、竜馬の視線と同じ風景が見られるというイベントがされていた。
100円を支払って、上がる。
DSC04875_201611081210271bc.jpg

DSC04880.jpg

初めてみる竜馬の角度だった。
DSC04886.jpg

さぁ、これから今回の旅のハイライトが始まっていく。
             ノムラテツヤ拝
DSC04900.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<高知の旅 | ホーム | CAPA>>

コメント

なぜ龍馬像の前に鉄人28号の像が!?
と思ったら、阪根先生でしたか、大変失礼致しました。
それにしても、龍馬像をちゃんと見た事なかったのですが、右手の下に台座みたいな物があるんですね。
ナポレオンの自画像の隠れた右手は諸説あるようですが、龍馬の右手には何があるのか、想像が膨らみます。
2016-11-09 Wed 20:53 | URL | ずま [ 編集 ]
右手には何があるのか、諸説はありますが、答えはない。そこに悠久のロマンを感じます。
2016-11-10 Thu 11:26 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |