写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

神々の御柱

DSC02265.jpg

ここが聖地たる所以、それはニュージーランドで最も早く朝日を拝むことと深い関係があるのだろう。
中央の神のような柱を中心に、等間隔に8体が並ぶ。
DSC02154_201612111805221a3.jpg

この形、どこかで見たような・・・。
それはイースター島だった。
慌てて、ポケットからGPSを出して、方角を計ってみる。
やっぱり。
中央の神が見えてる先は、冬至の日の出の方向と一致する。
DSC02064_20161211180522f64.jpg

そしてそこに集う8つの彫刻は、日時計のように正確に東西南北と、その間の8方向を指し示していた。
僕が見たかったものは、まさにこれだ。
DSC09906.jpg

朽ちていても良い。昔から連綿と祈り込みがされ、今も影で祈りの中心地として栄える場所。
この柱たちの御祭神は、もちろん聖なる山「H」だ。
自分たちが生きる上で、全てのものを与えてくれる山。
DSC09908.jpg

水も川も木々も空気も、それらがすべて母なる海へ注がれていくのだ。
ひとつひとつの神々を見て行くと、僕は徐々に不思議な感覚にとらわれていった。
             ノムラテツヤ拝
DSC02331_20161211180524e04.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ニュージーランド | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<42歳 | ホーム | マオリの聖地>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |