写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

夢の夜

DSC03484.jpg

チリの秘境プエルト・エデンで忘れられない夜を過ごしたことがある。
先住民リンチェとの体験を、僕はこう書いている。
家の前にくくりつけていた紐を外し、2人乗りのカヌーで闇の中へ漕ぎ出してみる。
オールで水面を弾くと、カヌーはゆっくりと海へ押し出された。プエルト・エデンの海は、鏡のように凪いでいる。星々が海へ映り、僕は銀河船に乗った。天の川をまたぎ、南十字星をくぐり、流れ星を仰ぎ見た。
オールを置き、しばらく流れに身を任せた。
静かだ。風も殆どなく、聞こえるのはリンチェと僕の呼吸音だけ。空へ手を伸ばせば、星が墜ちてきそうな近さ。海に手を入れると、星は輝きごと揺れた。

もう二度とこんな夢のような夜を体験することが無いだろう。それほど海におびただしいほどの星が完璧に海面に写り込み、まるで宇宙へ飛び出したようだった。

ニュージーランドのワイトモ。漆黒の洞窟で無数の土ボタル(Glow-worm)が壁を照らしていた。和名はヒカリキノコバエ。その幼虫がお尻から粘性の糸を垂らして、蜘蛛の巣のように獲物を狙う。幼虫も糸も青く光る。そこへゆっくりとボートで流れると、あのプエルト・エデンの体験を彷彿とさせた。
nomura1.jpg

僕は知らぬ間に泣いていた。
「地球は美しい」。
こんなに尊い地球に、生を頂けて、本当に有難くて仕方ない。
nomura3.jpg

僕は青い星、無数の地球が光る洞窟の中を、奥へ奥へ更に突き進んだ。
                   ノムラテツヤ拝
nomura.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ニュージーランド | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アミーゴ | ホーム | マヌカ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |