写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

氷の炎

DSC06533_20170108091703e5c.jpg

「アイスランドを一枚の写真で表すには?」
この旅が始まってから、ずっと考えていた。
冬のアイスランド、さぞ寒いと想像されている方も多いが、実は北海道よりも寒くない。
現在最高気温は5度くらい、最低も-5度くらい。
DSC06576_201701080917035e7.jpg

理由はいくつかある。まず、アイスランドを東から西へ向かって流れる暖流の影響だ。
そして火山で作られた島らしく、至るところに地熱が湧き出て、白い煙を上げている。
首都のレイキャビークの語源が「煙を吐く湾」と言えば、いかに多いのか分かるだろう。
そしてヨーロッパ最大の氷河も、ここアイスランドにある。
DSC06634_20170108091702ab1.jpg

つまり、この島の魅力は、相反する氷と火が同居しているということ。それらを一枚で表すにはどうしたら良いのだろう?
夕陽に染まる浜辺を歩いていた時、ふとイメージが降りてきた。
DSC06674_201701080917010f2.jpg

足元に転がる、冷水に洗われた氷河の氷。この中に夕日を映し込んで火をイメージ出来たら。
DSC06727_201701080917011c1.jpg

まずは、自分なりの「完成のイメージ」を大自然に伝える。
後は心を空っぽにして、シャッターを切るだけ。
「氷河の中で燃え盛る炎」
DSC06870.jpg

まさにアイスランドの一枚が出来上がった。
                ノムラテツヤ拝
DSC06973.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アイスランド | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ダイアモンドビーチ | ホーム | 日照時間>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |