写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ゆうやけ

DSC08944.jpg

やっぱり、そこにいられることが一番重要なのだと思う。
写真業界はこれから激動の時代に入っていく。
東京オリンピックと共に、動画は4Kから8Kへ。
8Kで撮影したものを、一枚の写真にすると3311万画素の写真。
そうなると、どうなる?
時代は決定的瞬間というものが無くなり、大切になるのは、その場所にいること、それと自分で誰もしたことのない企画を立て、
それらを自身で売り込み、仕上げていく力。
夕方、薄い雲がゆっくりと色づいているのが見えた。
もうすぐ夕日の沈む時間。
僕はすぐさまカメラ片手に飛び出して、富士山が最も綺麗に見える場所へ。
これからの時代は、ここが最も重要になる。
大自然がほほ笑む時に、その場にちゃんと立っていられること。
横浜に住み始めてから、最も美しい夕焼けだった。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2回目の記事 | ホーム | 最終夜>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |