写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

密林の美

DSC02242_20170422182450327.jpg

大きな滝が目の前に。
それはなんと奥深い風景なのだろう。
それだけの水量を掴んでおける深遠な森があるということ。
イグアスの上空に飛び立つと、僕はいつもこの気の遠くなるような圧倒的な密林を前に言葉を失う。
悠々と流れるパラナ河から、突然崖のようにすっぱり切れ落ちる場所。そこからは純白の噴煙が常に上がっている。
DSC02314_20170422182449db0.jpg

イグアス。現地グアラニー族の言葉で「偉大なる水」の意味。
白煙が虹色に染まり、連綿と続いてきた命の営みが、森、水、動物、植物たちから浮かび上がる。
DSC02349.jpg

悪魔の喉笛の真上に来ると、太陽がキラキラだ。
DSC02406_2017042218244733f.jpg

そして僕たちの宿「ホテル・ダス・カタラタス(滝ホテルの意味)」が、宝石のように森の中で光り輝いていた。
             ノムラテツヤ拝
DSC02381.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ブラジル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<さいごのばんさん | ホーム | 朝シャン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |