写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

α9

DSC02704_2017052616434431f.jpg

「爆速・ゲームチェンジャー・一眼レフを超えた」
発売前から、評判の高かったソニーの新機種「α9」が今日発売された。
プロサポートの敏腕メンバーのご厚意で、銀座ストアで受け取った。
さぁ、明日から使い倒そうっと。
その前に、この前のレクチャー時に撮影した画像をようやく出せる。
レンズは100~400㎜だが、最短距離は1mを切る。そう、まるでマクロのように使えるのだ。
DSC09409.jpg

伊右衛門茶を最短距離で開放で撮るだけで、もはや絵になる。
DSC09432.jpg

GMレンズ特有の「ピントが当たるところは恐ろしくシャープに、外れているところはとろけるようにボケていく」の画質だった。
そして驚愕したのは、チラシを撮影したときのこと。
一番左の走者にだけピントを当てると、右へ向かうにしたがって見たことのないような美しいボケがグラデーションで広がった。
カメラの世界も、革新を続けている。
あと10年後、一眼レフを一眼ミラーレスが何処で抜いたか?と議論になった時、僕は確信している。2017年5月26日の今日だと。
一眼レフで出来なかったことを、別の角度から最新の技術で補った名機、それがα9。
2020年の東京オリンピックは、このカメラが主役に躍り出るだろう。
              ノムラテツヤ拝
DSC09455_201705261643412c2.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<天国の催し | ホーム | 禁断の夜>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |