写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

12年ぶりの利尻

DSC02716.jpg

札幌には2つ空港がある。
新千歳空港、もうひとつは丘珠空港だ。
丘珠は主に道内のフライトを専門とする自衛隊管轄の空港。
市内から地下鉄とバスを乗り継いで、こじんまりした空港へ。
ここからボンバルディア(JAL)で一路、利尻へ向かう。
DSC02718.jpg

滑走路内を歩いて、機体へ。中は1列3席の小型機。
DSC02771_20170603104120a89.jpg

搭乗が終わるとあっという間に動き始め、音もなく離陸した。
飛行時間45分。
まず見えてきたのは暑寒別岳。雪がだいぶ溶けたけれど、その広い山容に見とれた。
DSC02779.jpg

オロロンラインに沿って飛行機は北上を続け、やがて日本百名山1番目の「利尻岳」の雄姿が近づいてきた。
ゴツゴツの山容は、まさしく男峰。
DSC02812_20170603104118668.jpg

ドロミテとフィッツロイを足したかのような威容は、日本屈指の名峰だ。
DSC02816.jpg

利尻島全体が利尻岳と形容してもいいくらいピラミッド型。
DSC02819.jpg

天候は晴れ。でも、着陸時には、かなり揺れた。
離発着の難しい空港とは聞いていたけれど、なるほどと合点。
12年ぶりの利尻島。
さぁ、思いっきり暴れるぞ~
             ノムラテツヤ拝
DSC02873.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<美しき6月 | ホーム | 最強の炉端焼き>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |