写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

旅立ち

DSC_0036 (3)

最後の最後まで恰好良すぎる。
癌が見つかる前、繁さんは食事後にオデコを食卓テーブルに付けて休むことがあった。
「大丈夫?」と声をかけると、「気持ちいいんだよ」と女将の洋子さんに返した。
末期癌と診断され、2度に渡って入院し、3日前から初めて全身の痛みが出始めたため、モルヒネと同等の鎮痛剤を体に入れた。
「いくら沈黙の臓器の膵臓癌だと言っても、どうして痛みがなかったのか?それが不思議でならない」と僕が病室でつぶやくと、繁さんの妹さんが口を開いた。
「実はみんなに心配をかけたくなくて、言わなかっただけ。実際は痛かったのよ」。
いつもそうだ。
ほんと、いつもそうだ。
自分のことはさておき、いつもみんなのため。大好きな家族のため、仲間のため。
一見外から見ると、繁さんは山の中に入り、仕事を通じて、やりたいことをやっているように見える。でも僕は出逢った日に言われた言葉を、今でも心に刻んでいる。
「こんな山にいるとな、全部のことをせんとあかん。だから食事も作るし、経営もするし、山の手入れも欠かせない。重機もつかわんといかんしな」
どれもこれも、自分のためではなく、家族、そしてこの周りの自然のために自身の体を使っていた。
入院して意識がしっかりしていた時、お見舞いに来られる人たち全員に遺言を託した。
DSC_0043 (4)

友人のかよこさんは、雪まつりの原点となった「雪女の物語」をしっかり文章に起こすことを命じ、氷祭りの実行委員だったしんちゃんにも、その文章が出来上がったら目を通すように伝えた。
三兄弟の次男としくんには、来年、再来年のことまで、秋神の森の手入れを指示したという。
今朝から繁さんは殆ど動くことはなく、どんどん血圧が低くなっていった。やがて心拍数も弱くなり、担当医師からあと数時間だと宣告される。
12時ジャスト、のりさんからの「氷の王様」の呼びかけに、10秒ほど笑った。
みんなの言葉を最後の最後まで聞き、15時02分、繁さんは穏やかに還っていかれた。
もう、いやになる。
そこまで恰好良く逝かなくたっていいのに。
大きな大きな人が、また一人、この世から去っていった。
どうして大好きな人と別れなくちゃいけないんだろう。どうしてずっと一緒にいることが出来ないんだろう。
だから逢えたときの時間を大切に、そんな綺麗ごとはいい。
もっと、もっと、繁さんと話していたかった。
一昨日も、昨日も、手を握りながら、おそるおそる繁さんの体に直接聞いた。
「あと最大何日、体は持ちますか?」と。
答えは4~5日だった。でも、繁さんの強い心臓と精神力があれば、もう少し伸びるかもしれないと少しの希望を持っていた。
でも、結果はその逆だった。
5日連続で病院に泊まり込む長男ののりさんと洋子さんの体を労って、体の寿命を短くしたのだと思う。
「わっはっは」
もしそのことを繁さんに聞いても、きっと空を見上げて大きく笑うんだろう。
一番大切な部分は、決して言葉で言わず、心で伝える人だったから。
しげるさん、本当に人間として大切なものを教えて下さり、有難うございます。少しでも伝えていけるよう、バトンを受け取った僕たちは迫力を持って長生きします。
この世での時間、お疲れ様でした。
またあの世で、一緒にお酒を酌み交わせる日を、心より楽しみにしています。
シャボン玉

次は僕たちが命を賭けて生きて、伝える順番ですね。
少しでも人生に手を抜いていたら、枕元で叱咤して下さい。
自分の家族はもちろん、周りにいてくれる仲間たちを幸せにします。
あなたが最後まで背中で見せ続けてくれたモノを、大切にしていきます。
まだ病室にいるんですよね。
そこに。
PS,写真は日本で初めて凍るシャボン玉を開発して飛ばしているところ。繁さんは日本初をいくつも手掛けた。
              ノムラテツヤ拝
DSC_0463_2017070516193665d.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<写真のちから | ホーム | 銀座トークショーについて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |