写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

マッコウクジラの出待ち

DSC01895.jpg

オオワシが波止場で休んでいた。
今日は羅臼の海へ。
DSC02792.jpg

まず最初に出迎えてくれたのはイシイルカ。
DSC01986.jpg

まるで魚雷のように、ポツン、ポツンと波紋が広がり、一気に背びれを見せるとクリスタルの飛沫が上がった。
オオミズナギドリの飛翔を見て、どんどん沖へ出ると絶景が。
知床連山が洋上に浮かび、太陽が燦々と輝いた。
DSC02813_20170721080126ffd.jpg

20キロしか離れていない国後島。そちらから見ると、知床はこうやって見えているわけだ。
DSC02890.jpg

名物船長が、大型の動物を探すが、一向に見当たらない。
水中マイクを入れて、音を聞く。そう、探しているのはクジラ。半径4キロ以内であれば、クジラのクリック音をマイクで拾えるのだ。音を出している時はクジラが潜っている時。
「パチッ、パチッ、パチッ」
この音は、間違いない。マッコウクジラだ。
「どこに出てくるか分からないけれど、待ちます」
まさかのクジラの出待ち。
アラスカ、南アフリカ、ハワイ、パタゴニア、アイスランド、ニュージーランドなど、今までホエールウォッチングを20回以上体験しているが初めての出待ち。さすが、日本と唸らずにはいられなかった。
動物と出会う、出会えないもご縁。もし見られなければ帰る。それが世界の鉄則だが、日本はマイクを使い、潜っているのを確認してから、待つのだ。
「マッコウクジラは通常40分くらい潜ってから浮上します」
船長のアナウンスが続く。
今現在、どれだけ潜っているのかは、誰も分からない。
10分、20分と、輝く海面を見つめながら待つ。30分たったとき、クリック音が消えた。上がってくる。
何処だ? ここはロシアと中国の境界線がある。もしそちら側に現れたら、もうクジラを追うことは出来ない。
「あそこだ!」
すぐ近く、知床側だ。船はスロットルを全開にし、浮き上がってきたクジラを追った。
DSC02271.jpg

体長15mの大型マッコウクジラが、太陽の光を受けて体を光らせた。
浮上しているのは、約7分。吸気口が一つしかないので、飛沫が斜めに上がるのもマッコウの特徴だ。
深呼吸を何度か繰り返し、さぁ、潜水の準備。
1度、2度と勢いをつけて、3度目に巨大な尾を持ち上げる。
DSC02627.jpg

「テイルアップ」
DSC02631_2017072108014884d.jpg

海水がまるで滝のように流れ落ち、一瞬時が止まる。
DSC02645.jpg

そしてゾッとするくらい静かに尾っぽが沈んでいった。
DSC02664.jpg

潜った所へ船をまわすと、そこには大きな円形の波紋が広がっていく。
「マッコウクジラは真っすぐに入るから、こんなまあるい円が出来る」
船長の言葉に、合点がいった。
マッコウクジラは、クジラ界の中でも極めて潜水能力が高く、最大で1000mも潜れるという。そのため体を垂直にして、錘が下がっていくような恰好を取るからこその波紋。
百聞は一見にしかず。
自分の目で見ることで、学べることが沢山ある。
            ノムラテツヤ拝
DSC02710_201707210803342b6.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<蒼き温泉 | ホーム | ヒグマ遭遇>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |