写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

舞台

DSC01060_20170807165423346.jpg

吉田羊が髪を二つに結んで静かに登場。
小池栄子が元気に教室へ入ってくる。
一人、また一人と入り、遣都にスポットライトが。
机に腰かけて、観客席に向かって第一声。
「三谷幸喜です」
一斉に笑いの渦につつまれた。
舞台は楠小学校4年3組。大阪万博の翌年1971年のこと。
遣都が滔々と長台詞をまわしていく。
自分はあまりに普通な小学生なこと、あだ名をつけるのがうまいこと。
映画が好きなことなどなど。
クラスの人気者で皆から兄貴と慕われる「天海祐希」。本当は姉貴なんだけれど。そこへパイナップルを乗せたような天然パーマの転校生がやってくる。
ジョー役の大泉洋だ。
遣都はそれらのナレーションもしながら、舞台を動き回る。
「1つのクラスに兄貴は2人もいらない」
それをキーに物語は進んでいく。大泉洋が天海祐希からどんどん兄貴のポジションを奪っていく。
あるある、こういうのって10歳くらいの時ならざらにある。
それにしても、2人の演技が突出して上手く、余裕がある。
想いを込めて言葉を発するのは当たり前。でも舞台出身の大泉洋と吉田羊は、その一つ一つの間を慈しみ、そこに生まれる化学反応を楽しんでいた。
千秋楽というのに張りのある声。腹の底からしっかり声を出している証拠だろう。
「俺たちは10歳の子供なんだ。羽目をはずしたって、失敗したって良いんだよ。やり直せばいいんだから」
10歳なんて関係ない。これはきっと三谷幸喜が生きている人たち全員へ伝えたいメッセージなのだろう。
日常のくだらない小さなことを、大きく膨らませ、皆の心にあるあの子供でもない、大人でもない狭間の10歳へ引き込んでいく。
舞台は細かなディティールの積み重ね。リアル感を追及するための効果音も素晴らしかった。町の雑踏、蝉の声、いつでも聞こえてくる音に溢れていた。
マッチ売りの少女ならぬ「スイカ売りの少女」の劇をクラスのみんなでしようと盛り上がる。
スイカ売りの歌を歌って下さいと、遣都がアドリブで無茶ぶりをして、小池英子が必死に食らいつく。それらを見て、演者も観客も本気の笑い。遣都、こんなリアルな反応が楽しいんだろうな、舞台って。
ここで幕間。
後半は2学期になり大泉洋が来てから半年になった。
遣都が大泉洋にあだ名をつける。
「おこらないでね」
「あぁ~、言ってみろ」
「チン毛」
「おまえ、センスねえなぁ~」
そのやり取りは、まさに大泉洋のいつもの顔だった。
このチン毛が、後々の物語に響かせるのも、三谷幸喜の手腕だろう。
小出伸也(ドテ)の恐竜話が、場に独特の空気感を生んでいく。
10歳の本能、やりたいからやる、子供の本能が、瞬間に散りばめられる。
そして小池栄子が遣都と絡む場面。
「なんで悪いことばかりするの?」
その答えだった。
「私はこの世から無くなるのが怖い。自分がいつか消えてなくなるのがたまらなく怖い」
「病気なの?」
「元気だよ!でもその日は決まっていて、そこに進んでいく。毎時、毎分、毎秒。いてもたってもいられない。焦っちゃうんだよ。何かしなくちゃって。良いことよりも悪いことの方が沢山ある。だから悪さをするんだ」
「死ぬのが怖くなくなれば、生きるのが楽しくなれば、悪いことはしないってことだね。僕、手伝うよ」と遣都が優しい笑顔を見せた。
舞台を通して、「誰にも迷惑かけてないから良いだろ」という言葉が幾度も出てくる。でもその答えも、しっかり挿入されていた。
「誰も見ていないかもしれないけれど、神様、お天道様が見ているよ」
10歳は、子供と大人の狭間。残酷なことも平気でやる一方、1番自分を変えられる時でもある。
理不尽な日々、理路整然にすすまない。いじめられていると思えば、別の所で友情が育まれ、また裏切られていく。
でも、信じることが自分を変え、周りを変えていくのだ。
吉田羊役はとても繊細で難しい役。それらをアンカーの大泉洋がしっかりフォローする。
物語は佳境を迎え、一つの答えに向かって突き進んでいく。
大泉洋が実はお金持ちのボンボンだったこと、前の学校でもチン毛と呼ばれていたことなど、笑いを挟みながらも日々が進んでいく。
「転校したら変われると思っていた。誰も僕のことなんか知らない。新しい僕になりたいから、そんな僕になろうと思った」と失墜し、最後に天海祐希が持ち前のキャラを全開にさせる。
「クラスに兄貴は一人しかいらない」とスポットライトを一身に受けた。
10歳の彼らに揺れ動く心のひだ。
そして、またリフレインのように言葉が響いた。
「まだ10年しか生きていない。いくらでも試せるし、やり直せる。先は長いんだよ、嫌になるくらい」
エンディングを、遣都が締める。
「その後、僕は福岡の小学校に転校したので、それからの皆のことは知らない」
そして教室の舞台が、奥へ引っ張られていく。
前方の舞台が平たくなり、そこに皆が反射して映り込む。
記憶へのタイムトンネルを、こんな手法で見せるなんて素敵だな。
最後は、皆でスタンディングオベーション。
大きな大きな拍手で、舞台が包まれた。
遣都が幕へ引いていくとき、大きな瞳に涙を浮かべて泣いていた。そして消える瞬間、手を合わせて一礼した。
遣都らしい、最後の締めだった。
その後、舞台裏へ会いにいくと、緑の幕に林遣都と書かれた楽屋前で遣都とハグ。
「お疲れ様、よくがんばったな」
「満身創痍です」
普段は決して言わない遣都がそう言うんだから、相当厳しかったのだろう。舞台は体力勝負。でもこのスポットライト浴びると、お客のリアルな反応を体感すると、もうやめられないんだろうな。
遣都、今回の俳優・女優陣から沢山学べたかい?
それを、どんどん自分のものにして、世界一の俳優へ駆け上れ!
           ノムラテツヤ拝
DSC01063_20170807165423e07.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<最強ツアー | ホーム | 子供の事情>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-08-16 Wed 20:30 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |