写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

モアイの美

DSC03740.jpg

成田からタヒチまで12時間。乗り換えで2時間待ってから、チャーター便で4時間半、紺碧の海にイースター島が見えてきた。
同日着という信じられないルートだ。空港で現地に住む仲間たちと会い、宿で荷をほどいた。
翌日は早朝に起床。
まだ闇が島を包み込む頃に出発し、冬の王を意味するトンガリキへ。
ここで、秘密の場所から、モアイと星々を撮影する。
DSC03807_20170820165731fe8.jpg

数年前からイースター島は夜の撮影を禁じているが、このルートだけ、この場所からだけ、それらが許されるのだ。
浮かぶ月の光が、モアイをぼんやりと照らす。
DSC03816.jpg

闇から青の時間となり、やがて朝日が。
雲は真紅に焼け、モアイはシルエットに。
DSC03933.jpg

宿への帰り道、前方に雨雲が。
まさかと思い、降りると、そこには大きなダブルレインボーがかかった。
「わたし長く生きているけれど、こんな見事な虹は生まれて初めてだわ」
お客さんからの歓声に、僕も嬉しくなる。
さぁ~、縦横無尽の旅が始まります。
              ノムラテツヤ拝
DSC03954.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛の講演会 | ホーム | イースター島>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |