FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ウォンさん

DSC09593.jpg

盛岡での講演会は、ウォン・ウィンツァンさんとのコラボだった。
NHKに数多くのピアノ曲を提供し、あのダブルミリオンセラーアルバム「feel」にも採用された。
上下純白のいでたちで現れ、真っ白いピアノの前で首を振り、体を揺らした。
一瞬の静寂の後、透明感あふれる音符が紡がれた。
最も感動したのは、こころの時代のテーマソング。
https://www.youtube.com/watch?v=2TdZ_tS75aU
首を振り、体を揺らすのが、音へ入るルーティーンなのか。ゆっくりと我が消えていく。体全体が音色になっていく感じ。
ドレミファソラシ の七音が七色に輝き、ウォンさんの白い服を染めていく。
自分のやりたい方向を、ウォンさんは体現していた。
終わってから聞いてみると、教えてくれた。
「瞑想をすると副交感神経が活発になります。でも音楽を奏でるのに必要なのは交感神経。そのバランスを取れるように、何度も試みました」
やっぱり、大切なのはバランスなのだ。
DSC09600_20170928100710db2.jpg

どちらが優位になり過ぎても崩れる。行ったり来たりしながら、自身を中道に乗せていく感じ。
旅のはじめに(にっぽん紀行テーマソング)では、まるで静寂の中、青い炎が燃えているよう。
静寂、また静寂の間を繋ぐように紡がれる音符たち。
今日は素敵なものを見せて頂きました。
               ノムラテツヤ拝
DSC02112.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヨドバシカメラ新宿セミナー | ホーム | 紅葉前線>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |