FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

南米のドン

DSC02974_2017102807071264d.jpg

南米で最も好きな国、それは今も昔も「チリ」だ。
その首都・サンティアゴに「南米のドン」と呼ぶに相応しい方が住んでいる。
未来を見通す力、適材適所、そして波乱万丈の人生から、南米有数の旅行社にまで成長させたカリスマ性。そして限りなくあたたかな懐。
マポチョ川の流れる高級住宅街の一角に、空港からタクシーで乗り付けた。
「いらっしゃい」
奥様の満江さんが柔らかな笑顔で出迎えてくれる。
「あれ、野村くん、ちょっと痩せたか?」
部屋からドンの三谷さんが顔を出された。
「アタカマ砂漠に美味しいものが無かったので」
「そうだろうなぁ~」と、皆で笑った。
「まぁまぁ、中へ入りなさい」
まずはバルコニーでビールとおつまみで乾杯。
DSC02976_201710280707119b4.jpg

ネコのトラちゃんと初対面し、ピューマのような顔つきに見惚れた。
ブルーチーズに生ハムがチョコンとさされる心遣い。
DSC02980_20171028070710ee8.jpg

三谷社長の相変わらずスケールの大きな話に聞き入っていると、そろそろランチにするかとダイニングへ通された。
「野村くん、食べるの好きだから、これ、何か知ってるわよね?」と満江さんが指す。
「アーティチョークですよね」
DSC02984_201710280707099a6.jpg

「それをオリーブオイルでね」
「大好物なんです。日本では新鮮なのが食べられなくて」
よく見ると、納豆が。そう、僕は世界中、どこに住もうとも自家製納豆を作り続けているが、作り方を教えてくれた先生こそが満江さん。僕の大切な南米の母でもある。
「それに海藻を混ぜて、酢を付けるのが最近の主人の流行りなのよ」
まさに酢昆布のような味で、唸らされる。
DSC02988.jpg

白身の魚も塩麹で味付けられ、まるで京料理。
DSC02990_20171028070743c5a.jpg

「ハリハリ漬けですか?」
「大根じゃなくてナスで、だけれどね」
DSC02993_201710280707425a0.jpg

そう、南米パタゴニアに2年間住んだ時、僕は南米の母たちから大切なことを教えてもらった。
「物が有る、無しじゃなく、あるものを工夫してご機嫌に生きること」
ワインも高級な白から始まり、バニラの樽香がする赤ワインへ。
チラシ寿司とチリのビーフステーキ。
DSC03000.jpg

焼き方も僕の大好きなレアに限りなく近いミディアムレアだった。
DSC03010_201710280707415fd.jpg

「今度来た時は、うちにゆっくりと泊まっていきなさい」
そう、今週末に極楽隊&柳家隊の「天下無双の宴」を開催するため、夜の便に飛び乗らないと。
ぐるんぐるんに酔いながらも、息子のゴウさんの車で空港へ送ってもらった。
さぁ、日本全国から集う仲間たちが喜んでくれるよう、ワクワクドキドキしてくれるよう、週末も全力で走り抜けます。
               ノムラテツヤ拝
DSC03014_201710280707409de.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<極楽の宴 | ホーム | 太陽の下で>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |