写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

奇跡のジーンズ

8

初めてジーンズを履いたのは、7歳のとき。今で言う、脱色されたケミカルジーンズだ。
それからリーバイスというブランドを知り、エドウィンやラングラーなども試した。
インディゴという色は、何にでも合わせられるので、知らず内にズボンのメインになっていった。
大学生を卒業する頃に、アメリカでカルバンクラインの柔らかなジーンズと出逢い、数か月まで買い足し、愛用してきた。でもひとたび山へ入ると、ジーンズは無用の長物になる。登るために膝が擦れてつっぱる。湿度が高ければ蒸れ、雨が降れば重くなって乾
かない。だから旅をするときは、いつも通気性の良い綿パンだった。
でも、3か月前、それらをすべて覆す衝撃のジーンズと出逢った。
http://www.patagonia.jp/product/mens-performance-straight-fit-jeans-regular/56025.html
まずインディゴ染めに使われる重金属をすべて排除し、化学染料を選択。ポリウレタンを使用しない特殊なストレッチによって座ったり、足を組んだり、山を登ったりしても、擦れることはない。濃紺かつスリムなシルエットに、防水(DWR)加工もされ、素材は
オーガニックコットンなので速乾性も高い。
今までマイナスだと思ってきたジーンズの要素をすべてプラスに変えた奇跡のジーンズ。
まだ3か月しか履いてないけれど、足を通すだけで体が気持ち良いって反応して、思わず顔が緩んでしまう。
町も山も海も、このジーンズ一本で快適に。時代は素敵に進化しているのだと思う。
2015年から新規参入したパタゴニア社のジーンズに拍手を贈りたい。
            ノムラテツヤ拝
56025_DDNM.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<姫の魔法 | ホーム | 日本の背骨>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |