fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

小路

DSC06162 (2)

僕が大好きになる人は、43歳で亡くなるジンクスがある。
植村直巳、星野道夫、そしてフェルメールもしかり。
フェルメールは全人生で、37枚の至宝と呼ばれる作品を残しているが、その中で風景を描いた作品はたったの2点しかない。
一つはマウリッツハイス美術館所蔵の「デルフト眺望」、そして国立美術館所蔵の「小路」だ。
デルフト眺望は、デルフト南端の船泊の対岸から描かれたものと分かっているが、小路の方は、彼の住んでいたデルフトの何処で描かれたのかが350年もの間、謎とされていた。でも、一人のアムス在住の美術史家が、古い納税資料を調べることで、この場所を突き止めていく。
当時、デルフト市の税金は、家の間口の広さによって算出されていた。であれば、正確無比、ありのままを描くフェルメールの絵から、家のレンガを測量し、当時のレンガ寸法から、「小路」に描かれた家の間口を算出した。
すると、その寸法の家が狭い路地を挟んでいる場所は、たった一つしか無かった。
「ブラミン通り42番地」
古い地図と照合すると、なんとフェルメールのアトリエがあった場所の近くで、そこはフェルメールのおばさんの住まい。小路の中のおはじきに興じていた子供たちは、フェルメールの親戚の子たちなのだ。
そんなことを知ってから、またこの作品を見ると、より絵に奥行きが出てくる。
絵画や写真、いや、創作という芸術活動は、1度見れば良いというものではなく、何度も、時期を変えてみることで、また別の一面を学ばせてもらえる。
僕も生涯でそんな作品を創作することが出来るかしら?
そのためには、全力で毎日を丁寧に積み重ねないと。
レンブラントとフェルメールから、大切なことを教えてもらった。
日々精進します。
         ノムラテツヤ拝
DSC06163.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちんなぶれ | ホーム | ミルクの意味>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |