fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

清風楼

DSC04846.jpg

食の巨人と言えば、やはり池波正太郎さんだろう。
日本各地、数多の旬の料理を洒脱なエッセーで編んだ文豪だ。
2009年7月28日の朝日新聞紙上で、読者が選ぶ池波正太郎さんの食ランキングが公開された。
1位からざっと見ていくと、くるまや(長野)、船津屋(桑名)、萬亀楼(京都)、イノダコーヒー(京都)、刀屋(長野)など自分も訪れたことのある名店がずらり。
DSC04854.jpg

中でも最も美味く、最も愛すべき店が第5位に入っていた。
シューマイ「清風楼」(横浜)だ。
阪根ひろちゃんの行きつけの店として紹介してもらい、今は中華街のドンと呼ばれるこの店の女将とも仲良くさせてもらって
いる。関東圏に住むようになってから、2~3ケ月に一度くらいの割合で、突然清風楼のシューマイが食べたくなる。食べられ
ないと禁断症状なのか、体がぶるぶると震えてしまう。
今日がそんな日だった。
目の前の仕事を放りだし、横浜中華街へ。関帝廟通りの一角に、この小さな店がある。女将が立ち話されていたので、挨拶して中へ。入って向かって一番左奥。あの席に池波正太郎さんは必ず座っていたって、女将から教えてもらったっけ。
そこに腰を下ろし、いつものように焼き飯とシューマイを注文。まず、ここのシューマイは爆発寸前なくらい皮から溢れている。食べると、肉の味が豪速球で口内を走り、ブリブリな触感に暫し宙を仰いで、ボーっとなる。
DSC04865.jpg

そこに少しピンクがかった焼き飯。海老、蒲鉾、葱、玉子、そして刻み生姜で作られた逸品。たぶん生姜の紅色がこの御飯にうつるんだろうな。
お米はパラパラ、味は麻薬が入っているに違いない(笑)。
DSC04861_20171227180729eb1.jpg

一口食べて貰えれば納得の味。今まで何処でも食べたことのない病みつきの味だ。女将曰く、先代の時代から、全くレシピを変えていないという。
シューマイ、肉汁、真っ白、焼き飯、麻薬、止まらない。
そのルーティーンで食べていく幸せといったら。
もし横浜に来られることがあれば、騙されたと思ってぜひ行かれて下さい。必ず幸福に満たされると確信しています。
PS,透明な酢豚、片焼きそば、かに玉も絶品です。
           ノムラテツヤ拝
DSC00854_20141119203232eeb_20171227180728749.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<冬一番 | ホーム | 未来の風景>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |