写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

藍月湖

DSC02627_20180111162930ec1.jpg

麗江からたった16キロ行くと、玉龍雪山の麓へ到着する。
以前ここを訪れた時は、晴れていたけれど山の全貌を間近で見ることが出来なかったので、今日は12年ぶりのリベンジだ。
町を離れ、一路山へ向かって走ること40分。
以前は無かった大きなビジターセンター前で降ろされた。
ここから専用バスで藍月湖を目指した。
DSC02479.jpg

大きなヘアピンカーブを曲がった瞬間、眼下の谷に、まるで九塞溝のような風景が見えてきた。
グランブルー、エメラルドグリーン、グレイシャーブルー。透明感のある圧倒的な絶景湖がどんどん近づいてくる。
快晴の中、その湖畔を散歩した。
透明度が恐ろしく高いため、湖底がクッキリと見える。
DSC02506_20180111162904081.jpg

空に浮かぶ太陽と、湖の中から輝く太陽を写しとる。
DSC02412.jpg

牛がいたので、牛の言葉で呼び寄せてみる。
ふふふ、今日も牛はなんだなんだと一目散で僕を見つめにやって来た。
DSC02503.jpg

滝つぼには虹がかかり、藍月湖に枯れた一本木。
TET01464.jpg

DSC02521.jpg

ぐるっとまわってから、最後は山の上まで登って、この圧巻の光景を見下ろした。
中国って本当に凄いわ。やっぱり2~3年に一度は来て、この激動の国を肌で感じないと。こんな自分の価値観を壊し続けてくれる国なんて無いんだから。
DSC02741_201801111629301b1.jpg

目を瞑ると、瞼の裏に金色の光が乱舞した。
中国の自然に抱かれた瞬間だった。
             ノムラテツヤ拝 
TET01599.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中国 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<麗江一の味 | ホーム | 野村証券>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |