FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ウユニ塩湖へ

DSC03127.jpg

ラパス(ボリビア)からの早朝フライト。
遠くに白きアンデスと、アドべ作りのすり鉢状の町が広がった。
35分ほど飛ぶと、秘境のウユニ塩湖が見えてきた。8年前まではバスで12時間の距離が、今は1時間弱で行けてしまう時代。
地平線まで水が張り、雲が完璧に映り込んだ。
DSC03181.jpg

45分で小さなウユニ空港に到着。
DSC03346_20180329065740c52.jpg

外へ出ると、まるで歓迎してくれるかのようにダブルレインボーが空に架かった。
DSC03367.jpg

ガイドのディーテルと出逢い、今回はランクル6台でのコンボイ。まず向かったのは列車の墓場。
DSC03378.jpg

みな思い思いに過ごし、あっちゃん夫婦をパチリ。
DSC03390.jpg

そしてコルチャニ村に行く途中。真紅の風景が見えてきた。
DSC03399.jpg

「あれが、世界最高品質のキヌアだ」
ティティカカ湖からウユニ塩湖にかけて、高地だけに生きるキヌア。全部で100種類ほどあるというが、その中の最上級種のキヌア・レアルだった。
DSC03412_20180329065800ca5.jpg

まるで紅葉しているかのような華やかさに、皆で歓声をあげた。こんな時、僕は無性に嬉しくなる。地球の美しさを仲間たちで共有し、驚き、感動するのだ。
       ノムラテツヤ拝
DSC03413.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鏡面世界 | ホーム | 黄泉比良坂>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |