FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

最後の夢

DSC08192.jpg

「もう一つだけ、夢が残っているんですけれど」
ウユニからボリビアのラパスに帰ってきた時にYくんがポツリと呟いた。
「君のための旅なんだから、なんでも言ってみなよ」
「ラパスの夜景を撮影したいです」
むっ。それは少し難しい問題だった。
空港からすり鉢状の町ラパスへ下るときに、ミラドール(展望台)は確かにある。でも1ケ月前から大規模工事中で駐車禁止になっているのだ。新たにかかったロープウェイもあるが、それを使っても圧倒的な夜景が撮れるかは懐疑的だった。
「夢を叶える旅」。それも最後の夢だもの。大切にしてあげたいな。
ティワナク遺跡を見てから、ラパスのホテルへ。レセプションで交渉すること数分、「俺に任せておけ!」と胸を張る運転手が現れた。一点も曇りのない真っすぐした瞳。彼に賭
けてみることにした。
夕日が町から少しずつ離れる頃、ラパスの町中から一気に上がっていく。20分ほどすると左手に展望台が見えてくる。どうするんだろ?と思っていると、捨て身のUターン。そして小さなスペースに車を滑り込ませるように停車させた。
「俺はここで待っているから、好きなだけ撮影してこい!」
Yくんと三脚を立てて、山頂から撮影を開始した。
夕日がラパスの背後に聳えるイリマニ山(6438m)を染め上げ、街はホタルのように、ポツリポツリと明かりが点灯し始めた。
TET04597.jpg

ブラジルのリオデジャネイロと並び、南米屈指の都市夜景ラパスが目の前に。横を見ると、Yくんが真剣な表情で撮影していた。一枚、また一枚。
DSC08249_20180531094608722.jpg

「今が最高の時間帯だよ」
「はい」
Yくんのカメラから最後のシャッターがきれた。
「今回の旅、最高でした。本当に有難うございました。自分を変えるきっかけを幾つも作ってもらい感謝しています。野村さんに言われたように、自分のことを沢山考えてみます」
成田空港で別れるとき、Yくんはそう言い、頭を下げた。
道産子の彼に僕が言えること、それはクラーク博士の名言だ。
「青年よ、大志を抱け! 一回きりの人生だもの」
            ノムラテツヤ拝
TET04762.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<柳家隊 | ホーム | 愛の架け橋>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |