FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

平久保の奇跡

DSC04987.jpg

今から13年前、石垣島平久保に住む米盛夫妻は、畑仕事の最中、偶然サガリバナの古木を見つけた。周りは背の高い雑草が生い茂り、粗大ごみが捨てられる始末。
それらをどけながら、誰も入らぬ山へ分け入っていくと、そこには見渡す限りのサガリバナが林立していた。
環境省が調査したところ、その数なんと4万4300本。国内最大級の群落となり、急遽、西表石垣国立公園に編入された。
10年前にその話を聞いて以来、ずっと訪れてみたかった。
平久保の森へ入ると、米盛夫妻が手を振って待っていてくれた。「子供やお年寄りが安心して森に入れるように」と、観賞用の遊歩道を地道に作り上げ、まさに花咲か爺さんの役目を担った夫婦。
ひとつひとつの花を丁寧に見せてもらい、6種類のサガリバナがあると教えてもらった。
DSC05076_20180719150658c58.jpg

辺りが薄暗くなってくると、今日もあの甘い香りが。花を近づけて何度も嗅いでいると、ようやくこの香りの正体が分かった。
バニラ、芳香な甘い香り、巷で言われる決まりきった表現も良いが、どこかに酸味を感じるのだ。そう、サガリバナの香りは、パッションフルーツ(トケイソウ)とアーモンドを混ぜたような感じだった。
そのナッツ系の香りに引き寄せられるように、昆虫がやってきては受粉を助ける。
DSC05246_20180719150656b4a.jpg

夜に咲く花は、まるで花火。白、黄、赤、オレンジ。多種多様な線香花火が、ファサファサと火花を散らしているようだった。
ひとつのサガリバナに狙いをつける。
DSC05119.jpg

絞りを変えて、中心をぼかして花火のイメージに近づけていく。
「上手いこと撮るもんやなぁ~」
DSC05109.jpg

振り返ると、米盛さんが優和な顔で笑っていた。
              ノムラテツヤ拝
DSC05355.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<離陸 | ホーム | 三浦半島>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |