FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

黄油蟹

DSC09361.jpg

「今の時期だけ出回る幻の蟹はご存じですか?」
駐在員タイチくんの同僚の町田さんが聞いてきた。
「えっ、上海蟹くらいしか知りません。でも秋ですよね?」
「一年で最も熱い7月~8月だけに黄油蟹が出回るんです」
僕の大好物は、昔から変わらない。納豆、鰻、蟹だ。世界中で、様々な蟹を食べてきたが、そんな黄色い油の蟹なんて聞いたことがなかった。
「とても希少で現地でしか食べることが出来ないなので」
調べてみると、香港から1時間ほど北に行った流浮山で獲られるという。
真夏の熱さで浜も熱せられたフライパン状態。そこに卵を抱えた雌の蟹がやって来ると、あまりの熱さのために、卵自体が溶け始め、膨張し、体中から泡としてあふれ出す。その時を狙って漁師たちは捕獲し、それらを食べるというわけ。なので、黄油蟹の雄は食べず、卵を持つ雌だけが食卓に上がるのだ。
前もって、蟹の有名店で黄油蟹があるかを確認し、予約。一杯、12000円か1万6000円かどちらにすると言われ、1万2000円の方をお願いする。うぅぅ、そんな高いんだ・・・。
DSC09365.jpg

15分後、蒸されて出てくると、美味そうな純白の湯気がたっていた。匂いは、ほのかな甘みが香る。味は、清流の藻のような青さ、肉の旨みが溢れ、最後にほんのりと苦みを感じた。
DSC09374.jpg

足の先まで卵が詰まり、蟹味噌みたいにしっとりとマットな食感。油っぽさは無く、それらが旨みをコーティングしている。そう、まるでマニキュアみたいに。ずっと舐めていたい、無言でしゃぶり続けていたい圧倒的な味。冷えてからは、マットな肉が発酵した旨みを纏うように深みが増す。
DSC09375.jpg

どこまで美味いんだ。この蟹は生涯忘れられない味になりそうだ。技ありの夏蟹。全身蟹卵の黄油蟹。香港の味はどこまでも奥深かった。
食べ終えた後の手の香りが最高。匂いよ、消えないで~
            ノムラテツヤ拝
DSC09384.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

香港 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パウロ | ホーム | 究極のゼリー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |