FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

大好きなおばあちゃん

やまびこ

よく晴れた空を見上げながら、さすがだな、と想った。
母方のおばあちゃんが、天へ帰っていかれた。96歳の大往生。
おとうから、電話口でおばあちゃんの死を知ったときから心にぽっかり穴があいてしまったよう。
これから仙台のおばあちゃんの所へお通夜とお葬式に向かう。
おばあちゃんは、手前味噌だけれど、僕にとって世界一のおばあちゃんだ。
若い時に夫を亡くし、女手ひとつで4人の子供たちを育て上げた。その三女がうちのおかあだった。物心付いた頃から、いつも穏やかなおかあ、ダメと言わない教育方針も、僕にとってはごくごく当たり前だった。けれど、大学生くらいになると、それが珍しいことだったと知り、僕はおかあの性格を形成したおばあちゃんに興味を持つようになっていた。
大学生のとき、ゆっくり話したあの日の頃を、つい最近のことのように思い出す。
それはおばあちゃんの恋の物語だった。
おばあちゃんはおじいちゃんと恋に落ち、結婚。子宝にも恵まれ、幸せな時を過ごしていたが、おじいちゃんは病気で若くして天国へ行ってしまう。学校の教員だったおばあちゃんは、自分の子には厳しく、生徒には優しく接しながら、時間のない中、愛情をかけた。
子育ての間にも、美人のおばあちゃんは、何人からも言いよられた。けれど、その全てを断り、生涯、おじいちゃんへの愛、一本を貫いた。
「てっちゃん、人の悪口を言う時間があれば、どうして自分がそう言ってしまうのか、考えるんだよ」
おばあちゃんと毎年一度くらいの回数で、それから何度も話したけれど、おばあちゃんの口から人の悪口を聞いたことがなかった。
おかあに聞いても、「ないわねぇ~」との答えだから、筋がね入りだ。
そして「好きな事を大切にして、楽しんでね」ともよく言われた。
そんなおばあちゃんにもひとつの大きな夢があった。
「100歳の1月15日に亡くなりたい」という夢だ。
「何で?」と聞くと、おばあちゃんはいたずらっ子のような顔で、答える。
「おじいちゃんと同じ命日のほうが、てっちゃんも祈りやすいでしょ」
ここまで純愛に生きられるものなんだ・・・・・と僕は涙をボロボロと流してしまった。
                               ノムラテツヤ拝  
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ     

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おばあちゃんの生き様 | ホーム | ダイアモンドリング>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |