FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

カムイの森

TET03731.jpg

今夜も静寂の森を彷徨う。
この川の何処かにいる。鳴き声が聞こえ始めた。
息をひそめて待つ時間、これが動物写真家たちの醍醐味だろう。一体どんな顔をしているのか? これからどんなドラマが始まるのか? それらを想像して、手に汗を握る。
今日も颯爽とシマフクロウの夫婦が夜の川へ舞い降りた。
彼らの平均寿命は30年、繁殖率は50%と非常に高いが、一年間で5000匹ほど魚を食べるシマフクロウ。だからこそ、一本の川を番が生涯をかけて守り抜くのだ。
TET03915.jpg

一匹、二匹と今日もヤマメとオショロコマを狙う。水しぶきが弾け、命のやり取りに終止符が打たれる。魚からは一条の血が滴り落ち、二回喉をならして、飲み込んだ。
シマフクロウが生きていける美しき川と森。それらが永遠に続くよう、僕は手を合わせた。
               ノムラテツヤ拝
TET04167.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<羅臼のクジラ | ホーム | シマフクロウ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |