FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ラムのちから

IMG_8014.jpg

牛、豚、鳥、羊。
それらを好きな順に並べよと言われたら、僕に迷いはない。
羊→豚→鳥→牛だ。
IMG_8017.jpg

昔は、羊がぶっちぎりドベだったけれど、パタゴニアで2年間、南アフリカで2年間住んだ
ことで、その想いが変わった。
IMG_8022.jpg

特にパタゴニア。アルゼンチンは肉王国と言われるが、中でも南部はガウチョの国。羊の
さばき方から仕込み方、焼き方が、もう絶妙なのだ。
「私、羊食べられないから、苦手だから」
そんな人にこそ、是非食べてもらいたい。
まず新鮮なラムは獣臭などしない。弾力のある肉を噛むと、仄かにミルクの味がするのが
上等なラムの指針。
IMG_8035.jpg

「なにこれ? こんな味わいのあるラムは初めて!」
次々に参加者から絶賛の声が上がる。
日本国内では決して味わえないものが、世界にはある。そして自分が苦手だと思っている
食べ物は、大抵本当に美味しい状態で食べていないのだ。
IMG_8024.jpg

僕は100歳の誕生日に「地球よ、遊びきったぜ。最高に楽しかった~!」と叫んで死ぬと
決めているが、朝を食べない僕にとって、ランチとディナーは貴重。寿命が残り47年間あ
るとしても、たったの3万回しか食べる機会が残されていないのだ。
IMG_8027.jpg

だったら、一食一食、妥協することなく感謝して頂きたい。
IMG_8030.jpg

それが三カ月後の自身の体を作り上げるのだから。
              ノムラテツヤ拝
IMG_8032.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アイストレッキング | ホーム | 氷河の蒼色>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |