FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

鎌倉アルプス

DSC01605_20181201170154324.jpg

横浜に住んでいて良かったこと、それは自宅から20分で鎌倉へ行けること。
12月9日(日)に、ソニー主催のαアカデミー撮影会がある。その舞台が鎌倉アルプス。アルプス?と思われた方、僕も同じ考えでした。上高地を世に知らしめた英国人宣教師ウォルター・ウェストンが、日本にアルプスという名を根付かせた。言わずとしれた北アルプス、中央アルプス、南アルプスだ。
そこに鎌倉アルプスとは何事だ!と怒る気持ちも分かるが、そんな場所があるのかと訪れると、それはとても味のある場所だった。
よく晴れた日、9日のロケハンも兼ねて撮影に出かけると、鎌倉とは思えない見事な落葉広葉樹林が広がった。
人影の無い登山口から上がると、清水がチョロチョロ。三脚が無くても、1秒のスローシャッタでブレることは無い。林の中で発光するようにシダが輝き、その細やかな美に見入ってしまう。
DSC01655_20181201170153f16.jpg

それにしてもどうだろう、この初冬の凛とした空気感は。胸に深く吸い込むと、体全体が喜びに包まれた。
DSC01644.jpg

登り始めて30分ほどで、秘密のもみじ林へ。
DSC01704_20181201170153582.jpg

鎌倉の森の中で、何故だかここだけ赤く色づくのだ。
DSC01726_20181201170152201.jpg

光と影が折り重なり、編まれ、もみじの世界が静かに結ばれていく。
DSC01747.jpg

アルプスまで出かけなくても、身近にこんなアルプスがありますよ。森全体が優しくそう伝えているよう。稜線まで上がると、雪をかぶった富士が悠然と聳えていた。
DSC01884_20181201170210184.jpg

来週9日には、さらにもみじが燃え上がっていることだろう。一日完結型の撮影会も、あと少しだけ空きがあるようですので、もし良ければいらっしゃいませんか?
https://ers-sony.secure.force.com/Academy/pageAcademyEventDetail?e=P0230004&p=S002&m=ZZ-G183QP0231ZZ&s=8
一緒に、鎌倉アルプスを楽しみましょう。
          ノムラテツヤ拝
DSC01840_20181201170210d4a.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブルーホール | ホーム | アイストレッキング>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |