fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

市松

パテ

大阪での講演も無事に終わり、打ち上げ。そして2次会へ進んだ。
主催者の方から、「これから焼き鳥に行きましょう。予約している店がありますんで」と誘われる。
新地のある一角に、店はある。名は「市松」と書かれていた。
上品な門をくぐり、中へ入ると、カウンターが一本伸びていた。
座ると、早速一品が出された。
バケットをカットしたものに、玉ねぎの甘さが引き立つクリーム状のパテを塗って頂く。
2品目はもっちりしたささみに、カラスミと漬物が盛られている。器も素敵だこと。
ささみ

3品目が、つくね。肉汁が弾け、焼き加減の抜群さに、軽い衝撃を受けた。
つくね

4品目は、ぼんじり。初めて聞く名前だけれど、ようはお尻の肉。
ぼんじり

プリンプリンの硬めの食感。ここまではすべて味は薄味。素材の味を引き立てる愛情料理は、京都の吉田料理店に通じるものがあった。
焼き鳥ばかり続くと、食べれないからなのか、サイドメニューも充実。
燻製たまごが出され、笑えるほど燻製臭が立ち上る。
燻製たまご

せせりと呼ばれるのど肉は、軟骨のようにコリンコリンだ。
せせり・のど肉

鳥の煮込みは、まさにお母さんの味。身はポロポロと綺麗に剥がれ落ちる。
鳥の煮込み

自家製豆腐は、カマンベールと豆腐の合いの子みたい。
自家製とうふ

姫路城を現す、白鷺の城の日本酒をちびりちびりとやりながら、次の一品を待つ。
白鷺の城

出されたのは燻製チーズ。ワイングラスを逆にした出し方が何ともオシャレ。
燻製チーズ

グラスを持ち上げると、煙が出て、中からは吉田牧場のチーズが。
吉田牧場

そして、目が見開いた逸品が、このいも饅頭。
サトイモで作られたネットリコロッケに、完璧な焼き加減の銀杏が添えられていた。
いも饅頭

怒涛のように続く。
油かすのサンドイッチ。
中にはネギと、味噌が少しだけ挟まれていたけれど、犯罪のような味だった。
油かすサンド

油かすって、こんなに美味しかったっけ?
玉子スープが出てくるので、少し休む。
玉子スープ

下仁田ネギのご飯と、鰹の出汁がセットで。
下仁田ネギご飯

もう、お腹ポンポン。
だし汁

ここで、もう一度焼き鳥屋さんらしい、もも肉が出る。
もも肉

美味いなぁ~と首をかしげていると、今度はフライパンの上にイチゴが投げ込まれた。
なんだなんだ?
付けあわされたのは、フォワグラ。
フォワグラのふっくらさと、イチゴの酸味がミックスし、ジューシーな味に。
いちご

締めはチキンラーメン。
コース料理だから、どれだけ続くか分からないところがキツイ。でもこのラーメンもイケルなぁ~
チキンラーメン

デザートは酒粕のアイス。甘いものが苦手な僕でも食べられた。
さけかすアイス

ラストの締めは、京都一保堂の、煎りほうじ茶。
初めての味に、うれしくなってしまった。こんな燻製のほうじ茶があるんだ。今度京都に行ったら、ぜひ訪れてみたい店だ。
大阪の夜は、緩やかに更けてゆく。
                            ノムラテツヤ拝
一保堂のお茶
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<きじ | ホーム | 幸福の日々>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |