fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

インカの大布

DSC07663.jpg

天野博物館の奥に、沢山の手が刺繍された大布が飾られている。
中央には六本指があり、それらを囲むように5本指が幾つも。その解釈は「インカ文明は、一般と違う容姿や特性を持った人を神の使者として崇め、6本指の多指症の人も手厚く守っていたのだろう」と。
DSC07669.jpg

去年、ここを訪れた時、Kさんが言った。
「与える人は3本で、貰う人は31本。これが逆になったら素敵だね」
あれから1年間、僕の胸には、ずっと棘のようなものが引っかかっていた。
阪根ひろちゃんに質問してみる。
「これって、どうやって上下を決めたんですか?」
「祖父がこれを初めて見た時、珍しい六本指を中心として見たんだろうな」
「ということは、どちらが上か下かは、誰にも分からない」
「あぁ、そういうこと」
「そもそも、この布はお墓から出土したと思いますが、何に使われているかは分かっているんですか?」
「それは分かってる。祭壇の掛布だ。きっと儀礼をするときに使っていたんだろうな」
なるほど。儀礼場にかけるのであれば、上下でなく地面に置く。であれば、やはり場の奥に鎮座する皇帝やシャーマンが上(かみ)側、受ける方が下(しも)側だと想像出来る。でも、どうしても去年から考え込んでしまう自分がいる。
「もしも与える人が貰う人よりも多ければ、どんな世界になるのだろう?」
DSC07683.jpg

物質面から言えば、地球には有限の資源がある。それらを活用できた人が与え、それ以外の人は貰う。でもより裕福になり、皆がお腹ぽんぽんに食べられる時代が来たら、後者が「貰う人の閾値」を越えたら、その瞬間「与える人」に変化する。与えて、与えて、与え尽くす。それによって、貰う人が一人また一人と与える人に転換する。するとどうなるか? 物質面だけでいけば、皆が豊かになるように思う。でも本当にそうだろうか? 
人間は無いものネダリの生き物。聖人君子になるために、この世に学びに来たわけではない。であれば、与える人が多くなれば、今度は貰う側に変わる人が出てくるのでは?
そもそも、与える人の地位が高く、貰う人の地位が低いというのは階級社会が出来てからのこと。それまでは皆で分け与え、集団で生き抜いてきたのだから、その思想すら無かったはず。だって、狩りの得意な人は狩猟をし、裁縫が得意な人は布を織って、全体で生きていたのだから。
精神面で言えば、与えるということは、相手を思いやるということ。皆が相手だけを想い込んでいたら、今度は一匹狼のような芸術家が突如現れないだろうか?
DSC07688.jpg

つまり僕たちは大昔から、少ない方に憧れ、それらが多くなれば逆転する、行ったり来たりする生き物。だから、どちらが偉い、偉くない、なんて無い。自分は今、どちら側にいたいのか? それが生きる(在る)ということなのでは?
一枚の大布を逆さにすることで、見える世界がまったく違ってくる。それをインカの人たちは知り尽くし、儀礼という聖なる行事で使っていたのかもしれない。そこにはきっと「幸福」や「不幸」という概念すらも、無かったのだろう。
              ノムラテツヤ拝
DSC07663-2.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<葦の浮き島 | ホーム | デジタル国>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |