FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

UFO

DSC09751_20190529091648626.jpg

UFOに逢った。
未確認飛行物体。そこに宇宙人がいたのかどうかは分からない。でも、僕一人ではなく、一緒にいた仲間達20名も、同じものを見た。
時は5月25日午後22時30分ジャスト。北海道の田舎にいた僕たちは、「なんか凄い星がある」という声と共にベランダへ出た。
北の空に長い流星痕のような光、そしてその後ろに5つの星が点々と続いた。一般に火球と呼ばれる大きな流星が流れると、その後に1~2秒、流星痕と呼ばれる跡が夜空に刻まれる。でも僕らが見上げているそれは、1分経っても、消えることがなく、その光の幅が伸びたり縮んだりした。
続々と仲間たちが集まり、「えぇ~なにこれ~」と声を上げていると、突然、流星痕に続く5つ星の距離が縮まり、それらが何かの合図を受けたかのように、流星を追うように同じ軌道で、地平線へ凄速で落ちていった。
今まで世界中で夜空を見上げてきたから断言できる。これは人工衛星じゃ無い。流れ星でもない。宇宙ステーションのドッキングでも、ハヤブサの帰還でもない。とすると、ロケットか、隕石か、それとも宇宙船? 
どちらにしても一つだけ言えること、それは僕らにとっては未確認飛行物体=UFOだったということ。
翌日の北海道新聞や地元ニュースになるかと思っていたが、何の音沙汰すら無かった。
あれは一体何だったんだろう? シェア大歓迎。誰か僕たちに答えを教えて下さい。
                ノムラテツヤ拝
DSC09753_20190529091647739.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<回答 | ホーム | 奇跡の一枚>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |