FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

聖なる塩田

DSC05302_20190603091511cae.jpg

インカ文明を影で支え続けたマラス塩田。プレインカの時代から続いたというから、もう1000年以上も続く塩の精製所だ。
山から塩分濃度20%(海水の7倍)が塩水が流れ出し、それらを棚田状にして天日干し。強烈な直射日光により、約1ケ月で茶色から純白の塩となり、皇帝の住むクスコに運ばれた。
DSC05322.jpg

もしマラスが無ければ、クスコが標高3400mのアンデス山中に建てられることは無かっただろう。
塩田で働くおばあちゃんが、今日の仕事を終えて、あぜ道を上っていく。声をかけると、振り返って、大きく手を振ってくれた。
DSC05334_20190603091509faf.jpg

アンデスに立つと、こんなに気持ちが凛とするのは何故だろう? それは、連綿と伝統を繋ぐ、誇り高きインディオさんがいてくれるからに違いない。
                 ノムラテツヤ拝
DSC05316.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<好みの理由 | ホーム | 世界のへそ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |