fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

好みの理由

DSC05392.jpg

いざマチュピチュへ。
オリャンタイタンボの駅に入ってきた、ビスタドームの青き列車。乗車しようと検札を受けると、そこに黒人の美女が立っていた。
IMG_9270.jpg

白人、黄色人種、黒人。どの種族にもやっぱり美人さんがいる。でもその中で最も美人だと思うのは?と聞かれたら、僕は黒人と答える。シヴァの女王を想い浮かべてもらうと分かりやすいかな?
そもそも、自分の好みって一体何だろう? どうしてAという人を美人だと認識し、Bという人をそう認識しないのだろう?
脳科学では、好みのタイプは脳の偏桃体という部分で生まれ、偏桃体は3歳までの刷り込みによって決まるという。そして匂いの検査では、自分と似ている香りは受け入れず、まったく違う体臭の人を選ぶという。
でも、それって本当かしら? もしそうだったら、僕は三歳までに黒人の人を沢山見たってことだもの。やっぱりベースは3歳くらいまでに決まるんだろうけれど、見たことの無いもの、珍しいものに、古今東西惹かれるんじゃないかな?
DSC05413_201906031847298b8.jpg

瞳がぱっちりしている西欧の女性。そこに生まれた男性は、目の細い僕たち東洋人に妖艶さを感じるし、その逆もまたしかり。きっと、自分の今まで見てきた人の顔が脳内で整理され、感覚神経に伝わるのだ。
自分の美人センサーが発動した時、僕は迷わず話しかける。
出発前はパチリと記念写真、帰り際はすっかり打ち解け「私はこう写るわっ!」と長い舌をペロリ。僕も負けじと・・・。
              ノムラテツヤ拝
IMG_9283.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<奇跡の聖殿 | ホーム | 聖なる塩田>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |