FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

シリエトク

DSC03071_20190627164334c8b.jpg

「シリエトク」、アイヌ語で大地の突端を意味し、これが知床の語源になっている。
今日は、宇登呂港からまさにシリエトクの知床岬まで、船に乗った。まず目を瞠るのが、水の王国と呼ぶにふさわしい滝の多さ。鉱物を含んだカムイワッカの滝は、滝つぼがエメラルドグリーンに染まり、日本に2つしかない(もう一つは屋久島)川が海へ直接落下する「海岸爆」は、陽光を受けて虹色に光る。
DSC03194_201906271643339cf.jpg

エゾシカの群れの前を、一頭の熊が横切っていく。
TET00101.jpg

最強の熊とは言えど、リスクのある狩りは余程のことがない限りしないのだ。
去年の冬生まれた小熊は、少しだけ大きくなってきた。お母さんの後をついて、ひとつ一つ学んでいる最中。全てのものがキラキラと輝く季節。知床にようやく初夏がやってきた。
           ノムラテツヤ拝
TET09982.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒグマとの再会 | ホーム | 開墾の大地>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |