FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

こうちゃんの旅立ち

DSCF3159_20190711143312735.jpg

ガラケーにSMSが送られてきた。
送り主は、岩手盛岡に住む大好きなこうちゃん(佐々木孝太郎さん)から。なんだろうと開けると、「先程、父が亡くなりました 佐々木昭人」と息子さんから。
目の前が真っ白になり、一瞬、自分が何処にいるのか分からなくなる。手が震え、ガラケーですぐに奥様の紀子さんに連絡する。6コール目に紀子さんの声が響き、今朝の出来事を聞いた。
2016年、こうちゃんは喉に癌が出来た。一緒にアイスランドを旅してから帰国後に手術。無事に成功したが、縫合不全が起こり、そこから徐々に痩せ始めた。こうちゃんが入院している間に、お見舞いに出かけたが、「てっちゃん、僕は元気になってまた一緒に旅に出るから!」と気丈に話していた。
DSC01980_20190711143312bbb.jpg

2018年、新たに多発性骨髄腫が見つかり、経口が更に難しくなる。抗がん剤を2回打ち、昨日、長い入院生活を経て、ようやく自宅に戻ってきた。
昨夜、紀子さんが「私はここで寝ているからね」と話すと、こうちゃんは分かったよと頷いた。
今朝目覚めると、こうちゃんは小さな声で「氷が舐めたいと」と呟いた。紀子さんはすぐに冷蔵庫から氷を持ってきて、小さくして口に含ませた。
台所に行こうとする紀子さんを呼び止め、「お前はここにいろ」とかすれた声で言う。紀子さんは、「足でも温めましょうか?」「お揉みしましょうか?」とその場にいると、すぅ
~っと、静かに息が薄くなり、こうちゃんはそのまま旅立った。
「本当に最後まで孝太郎さんらしくて・・・」
その話を聞いて、目から涙が飛んだ。誰よりも強く、そして誰よりも優しい。老若男女から愛され、分け隔てなく皆を愛したこうちゃんは、苦しむことなく、静かに、愛する紀子さんに見守られながら、肉体を離れた。
分かるよ、こうちゃん。無機質な病院で亡くなるのが嫌だったんだよね。大好きな思い出たっぷりの自宅で、最後の息を吐きたかったんだよね。
DSC02001_20190711143312171.jpg

誰もが「あんな風に年を重ねていきたい」、そう思わせてくれたこうちゃんの大きな背中を、僕は必ず受け継ぎます。こうちゃん、来週、逢いに行きますね。一緒に美味しい日本酒を酌み交わしましょう。
             ノムラテツヤ拝
DSC03141_20181109164742575_201907111433110e9.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<マルタハニー | ホーム | 地球のカケラ旅>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-07-16 Tue 16:42 | | [ 編集 ]
今日は参列できなくて、申し訳ありません。明後日、こうちゃんに直接伝えに参ります。
こうちゃんからの願い。それはこの世のご縁ある人たちが、幸せにこの美しい地球で長
生きすることだと思います。コメントをどうも有難うございました。
2019-07-16 Tue 19:42 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |