FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

聖なる石の遺跡

DSC09696_2019071519103178f.jpg

マルタ島に世界一古い遺跡がある。
世界四大文明で最も古いものは、メソポタミア。時代を遡ること約5000年の歴史を誇るが、10年前に見つかった南米ペルーのカラル遺跡も、それに匹敵する4800年前に作られた。旧大陸の文明に、新大陸(南北アメリカ大陸)の文明が一石を投じた形となったが、さらに古い5600年前の遺跡が、マルタ島内に奇跡的に残されている。
遺跡の名は「ハガー・キム」、現地語で「聖なる石」を意味する。まずは博物館で発掘された石像を見る。マルタのモナリザと言われる女体像を皮切りに、
DSC09643_20190715191008188.jpg

可愛らしい女性のお尻の像もある。
DSC09649_2019071519100783d.jpg

それらがどのような場所で使われていたのかは、遺跡に入れば分かる。
DSC09665_20190715191006e34.jpg

5600年前にどのような人たちが住み、どんな楽しいことをしていたのか? 想像力を使って想いを飛ばせば、僕たちは、時空を軽々と飛び越えることが出来る。
DSC09677_201907151910055aa.jpg

過去、現在、未来。これらは時系列ではなく、最新の物理学で証明されている通り、すべて今の中だけに存在する。だからこそ、ここに生きていた住人は、波長を合わせてくる現代の人々と繋がってくる。
DSC09690.jpg

夏至、冬至、春秋分の日の朝日の角度で作られた大門をくぐると、古代の人々が大切にしていたものに、体が自動的に向けられていく。ここに神殿が作られた理由。それは沖に浮かぶ島・フィルトラの存在だ。
DSC09700.jpg

日本で言うところの海の正倉院「沖津宮」のような感じで、島の一点から神聖なエネルギーが真っすぐ遺跡に注がれる。その先には、豊穣を意味する女性像が置かれ、誰がどのようにして運んだか未だに謎の20トン以上ある砂岩や御柱が、それらを受け、流し、増幅する。
もしかしたら、フィルトラ島からこの聖なる石(ハガーキム)遺跡まで、光の道のようなスロープがかかっていたかもしれない。まるで古代・出雲大社のように。
DSC09714.jpg

この地で生きていた人々は、島から注がれる聖なる氣を何より大切にし、それらにくるまれるように守られていた。
            ノムラテツヤ拝
DSC09806.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

マルタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<内親王殿下 | ホーム | 蒼の惑星>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |