FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

真上から

DSC01252_201909121644337a8.jpg

連日連夜、熊を見つめていると、新たな欲求が湧いてくる。
カトマイの大地や山の斜面を頭に描き、何処からであれば可能かを思案する。3日後、ようやくそのアングルに熊がやって来た時には、思わず拳に力が入った。
真上からの熊。まるでドローンで撮影しているかのようなイメージだった。
背中は太陽光を受け、黄金色に染まり、やがて草むらで寝ると、プニュプニュの肉球が顔を見せる。
DSC01285_20190912164433a65.jpg

近くの草むらでは、もう一頭が静かに鮭を食べ、2頭の若熊は、草原を横切っていく。
TET00188.jpg

もうすぐ、カトマイの旅が終わる。その寂寥感が、徐々に僕を包み込んでいく。熊さん、遊んでくれて、どうも有難う。
「地球を命を賭けて遊びきる!」。
これが昔も今も変わらぬ僕の夢だ。
            ノムラテツヤ拝
TET00355.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アラスカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<睡眠中 | ホーム | 最終日の朝>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |