FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ベストマッチ

RXT02076.jpg

ベストマッチ。
今まで見た最高の試合は薬師寺VS辰吉だったが、今日塗り替えられた。
井上尚弥VSノニト・ドネア。日本が世界に誇る若き天才と、5階級制覇のレジェンドとの一戦。5年前に彼らは東京で出逢い、憧れのドネアから井上は技術を学んだ。
RXT02056.jpg

二回、ドネアの左フックが火を吹き、井上が右目の上をカットする。顔は鮮血に染まり、鼻血も出る。今まで顔に傷するつけられたことのない鉄壁のディフェンス技術も、ドネアの高度なテクニックによって、当てられてします。
相打ちがいくつかあるが、スピードで優る井上が先に当たるが、その後にもらう戦い。適応力が武器でもある両者が、空間を察知し、把握し、フェイントをかける。その頭脳的な上質な攻めぎ合い。
鳥肌が立ちっぱなしだった。井上が押し始めたかと思えば、一発でノニトも流れを引き寄せる。互いにクリーンヒットが入り、膝がグラつらつく。ひょっとして、あの井上が負けるかも・・・、場内にそんな嫌な空気が流れ始めた11R。井上の右ストレートからの左ボディが、ノニトの脇腹にめり込んだ。悶絶し、リングを回るように歩き、そのままマットに沈んだ。終わるかに見えた試合が、カウント10で起き上がり、ファイティングポーズ。最終の12Rはお互いの強みを出し合い、36分のドラマは終了した。
ゴングが鳴った時のお互いの笑み、そして出し切った相手へのリスペクトとハグに、胸に熱いものが込み上げた。
RXT02106.jpg

判定の結果は、満場一致で井上尚弥。世界一を決める天下一武道会WBSSの頂点に、日本の至宝が立った。
世界で最も強いバンダム級の男、それが井上尚弥。
試合前の彼の言葉が忘れられない。
今日勝てば、誰も見たことのない景色が見られる。その向こう側も開ける。
おめでとう、そして有難う。今までの人生で最高のボクシングでした。
            ノムラテツヤ拝
RXT02140.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<富士とのおはなし | ホーム | 8度の風>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |