FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ラウラウ

TEN04779.jpg

タヒチやイースター島ではウム、ペルーはワティアやパチャマンカ、チリはクラント、そしてここハワイではラウラウ(イム)と呼ばれる料理、それがタロイモやバナナ、ティの葉で包んだ蒸し焼き料理だ。
呼び名は違うが、ほぼ同じ。大地(パチャ)を鍋(マンカ)にするダッチオーブン料理で、芋類、魚、肉などが蒸気で絡み合い、繋がり合い、芳香な葉の香りを纏う。
味は極めて素朴で滋味に溢れる。カウアイ島では、ハワイでもレベルが高いラウラウが食べられると聞いたので、我々もすかさず向かった。
あらかじめ盛り土され、蒸すこと8時間。ハワイアンの男性が巻貝を吹くと出来上がりの合図。石焼きしていた布や葉をどけると、そこには豚の丸焼きが入っていた。
TEN04830.jpg

下には鳥肉や芋類が美しく敷き詰められ、湧き上がる香りに、皆、溢れる唾を呑み込んだ。
TEN04865.jpg

ポリネシア全土に伝わるこの料理法もまた、人々がミクロネシアからアウトリガー(ダブルカヌー)で渡ってきたことを、雄弁に物語っている。
            ノムラテツヤ拝
IMG_0563.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リボーン | ホーム | 写真のみち>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |