FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

太陽の石

RXT04763.jpg

世界で最も有名なモノリス(一枚岩)のひとつ、それがメキシコシティに現存する「太陽の石」だ。
アステカ時代に作られたもので、24トンの玄武岩に、直径約3.6メートルの円形のモチーフが彫られている。
中央には、大地の神トラルテクトリの顔が描かれ、四方は、ジャガー、風、雨、水のシンボル。周囲は左回りに260日暦を構成する20枠が記され、方角を表す8つの三角形は全世界を象徴する。
中心から東西南北、四方八方に伝播していったコロナウィルス。でも、どれだけ拡散しようとも、最も外側でとぐろを巻く火の蛇を越えることは出来ない。それこそが、僕らの意識変革。昨日も書かせてもらった通り、「周りの幸せのために、僕は何が出来るのか?」その自問自答こそが、明るい未来を引き寄せていく。
                ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中米 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<はなびらのうみ | ホーム | ファースト>>

コメント

素晴らしいモノリスですね。今新型コロナの問題で世界が揺れていますが、野村さんがおっしゃるように周りの幸せのために何ができるか考えられるようになれば、乗り越えられるように思えます。人間を試す試金石なのかもしれないとも思いました。
2020-03-29 Sun 15:11 | URL | このこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |