FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

コロナの真実

DSC06469.jpg

世界で猛威を振るうコロナウィルス。少しずつ、その全貌が分かりつつあるから、整理してみようかな。
今回のコロナについて、インフルエンザや肺炎、年間の自殺者よりも少ないから今すぐ自粛を解いて、経済活動を始めろと騒ぐ方がいるが、それは時期尚早だと思う。
まずは、冷静に、コロナウィルスの一番怖いものは何なのか?
それは2点に集約され、ワクチンや治療薬がないことよりも怖い。
1点目は、罹患しているが発症していない人(サイレント)が、クラスターとなり周りに無意識にうつしてしまうこと。それが高齢者や持病を持っている人たちへ向かうと、重篤化してしまう。自分は元気だから大丈夫!と言っている人たちが、実は一番危ない。
2点目は、一度罹患しても、もう一度かかる可能性を否定できないこと。インフルのAとBが、毎冬蔓延するように、複数のタイプがあるのかもしれない。更に中国から始まったコロナウィルスと、今、欧米やアフリカでのコロナが、ウィルスの変異により、別の力を獲得しているかもしれないのだ。

この2週間で、最も感動した言葉を以下に記す。(原文&訳)
"But bringing the economy back ... that's more of a reversible thing than bringing people back to life. So we're going to take the pain in the economic dimension — huge pain — in order to minimize the pain in the diseases-and-death dimension."
しかし、経済を回復させるのは…… 人を生き返らせるよりも可能なことだ。だからこそ、わたしたちは病気と死の痛みを最小限にするために、経済面での痛み —— 大きな痛み —— を受け止めようとしている。 ビル・ゲイツ

自分が大きく勘違いしていることにも気づかされた。
「いつか必ず、あの自由に行き来していた世界に戻ることができる」と思っていたが、戻ることは不可能。また皆が繋がり合う、笑顔溢れる世界を、新たに作り上げていくのだ。
目の前のことを、出来ることをひとつずつ。周りが幸せになるために、今日も自問自答します。
                ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<つくしんぼ | ホーム | みらい>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |