FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

写真の不思議

V-020.jpg

相手に敬意を込め、感謝して写真を撮影する。気持ちは変わっていないのに、その中で妙に売れる写真と、全く売れない写真が出てくるのは何故だろう?。
僕たち写真家がベストショット、または自信のある写真というのは、大抵思い入れが強い写真だ。何年もかかってようやく撮れた写真、奇跡に成功したショットなど。でも、写真家という職業を長年させてもらっていると、その乖離に悩む時が訪れる。
「どうしてこの自信のある写真ではなく、こちらのカットを選ばれるのか?」と。
21歳の時の処女写真集出版を皮切りに、エッセーや写真絵本などを14冊編む中で、巻頭グラビアを担当する中で、様々なクライアントたちと共に仕事をする中で出た答えが、僕なりにある。
よく写真家志望の若者たちから受ける質問に、「良い写真はどうやったら撮れますか?」がある。断言する。良い写真、または悪い写真など無い。写真自体に優劣など1㎜も存在しないのだ。
ただし、撮影した人が、どうしても伝えたい、と強く想う写真はある。それが世に出る写真・・・という訳ではなく、後世に残っていく写真というのは、その一枚後に撮った写真になることが多い。
ここだ、と思った時には、きっと体に力が入っている。でもそのショットを押し込んだ瞬間、脳には快楽物質のエンドルフィンが溢れ、恍惚状態となる。その次、またその次と、押し込んだ写真は、大抵記憶がない。
その無意識で撮影した写真こそが、伝わる写真になるのだ。だって、自分という我が無くなり、透明人間になる。「風景」→「写真家」→「鑑賞者」の写真家という部分が消え、「風景」→「鑑賞者」となる。つまり、その風景の「氣」が誰にも邪魔されることなく、ダイレクトに相手の心へ振動していくのだ。
ベネズエラのギアナ高地を空撮していたこの写真もそうだった。カレンダー、高校の教科書、雑誌の表紙、テレビ番組、今まで使われた機会は数知れない。大切なのは、「力を抜くこと」、そして「無意識に繋がること」なのかもしれない。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ベネズエラ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ヴァージンロード | ホーム | ベストショット>>

コメント

力が抜けるといい仕事ができるのは、他の場面でも共通しますね。ユングの言う集合的無意識が働いているなのかなーとも思います。
2020-04-16 Thu 18:38 | URL | こここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |