FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

マーモット

DSC04158_202005021657003a2.jpg

愛して止まない動物がいる。「マーモット」。アルプスやピレネー山脈、ロッキーやヒマラヤ山脈などに暮らしている。
よく晴れた日は、岩の上で日向ぼっこ。恋の季節は雄同士が雌をかけて戦うことも。でも、基本的には平和主義。哲学的な顔をしているかと思えば、おじいちゃんみたいに痒い痒いと短い腕を伸ばして背中を掻く。
敬愛する師・星野道夫が教えてくれたっけ。
「世界中の生物が一種類でも絶滅すると、それは僕たち人間を知る手がかりが一つ無くなる」と。
そう、地球は、そこに棲む全生物は、果てのなき美で創造されている。それぞれが映し、映し合いながら生かして貰っているのだから、その映す御霊(みたま)が一種(ひとつ)なくなれば、僕らは一つ無知になっていくのだ。マーモットが平和に元気に生きていける世界が、この先も続きますように。
             ノムラテツヤ拝
DSC04069_20200502165658042.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ミクロネシア | ホーム | 教科書採用>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |