FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

C遺跡

石英の砂漠

ランプの宿から、ペルーで一番好きな遺跡へ行く。
遺跡の名前はC。
ここは砂漠の真ん中にあるため、四駆じゃないといけない。宿の主人ドンに運転を頼み、連れていってもらうことに。
途中、石英の山で止まり、ここで昔の人の研ぎ場だと教えてもらった。
早速ひろちゃんに、その時代の行動を実証してもらう。
そして、砂漠の中をだいぶ走ったところで、遠くに遺跡の姿が見えてきた。
ドンダンテ

初めてこの遺跡へやってきた時、あまりの無垢なエネルギーにビックリし、のけぞった。
こんな無垢な気があるんだ・・・・。改めてペルーの凄さを見せつけられた。
上空から見るとこんな感じ。
まるでUFOが砂漠に降り立ったような姿。
遺跡C空撮

中へ入ってゆくと、回廊があり、地震によって崩れ去った壁の姿。
回廊

目を瞑ると、やっぱり赤いエネルギーに包まれる。
遺跡C

細やかでいて、とっても強い。
「てっちゃん、懐かしいだろ、ペルーの敦煌だよ」
そうそう、この特異な砂漠風景も、C遺跡の魅力だった。
ペルーの敦煌

この遺跡は、エネルギーが天から落ちているところと、噴き出すところがある。
そこで十分隊員とエネルギーを楽しんで、遺跡を後にした。
う~ん、みんなの顔がどんどん素敵になってゆく。
                            ノムラテツヤ拝
ドライブ
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<赤の山 | ホーム | ランプの宿>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |