fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

知床ライフ

TEN06204.jpg

知床に憧れ、撮影に来る写真家志望の若者たち。彼らから毎度、同じような質問をされる。
「どうして野村さんは熊に逢えるんですか?」
答えは簡単、「好きだから、逢いたいから、学びたいから」。でも、それだと納得してくれないので、もうちょっとかみ砕きますね。
まず好きだからこそ、熊の撮影地に入れば、僕はほぼ寝ない。日の出2時間前にはもう外で撮影しているので、起きるのは大体午前2時過ぎ。寝るのは11時~12時だから、正味睡眠は2時間くらいだろうか? こういう話をすると、大抵2つの反応が返ってくる。
1、そこまで根詰めて頑張るので、出逢えるのですね。
2、写真家って大変な仕事なのですね。
他の写真家の方々は知らないが、僕にとっては2つとも違う。根詰めるのではなく、熊の生息地にいさせて貰えるんだから、寝てるなんて勿体ない。そして人から見てどれだけ大変だと思うことでも、やりたいことをやっている人にとっては、何も大変じゃない。好きという原動力が、体の内面から突き動かしてくれるからだ。
TEN06245.jpg

熊に逢いたければどうすれば良いだろう? やはり自分が熊だったらどういう行動を取るかを考え抜くこと。有難いことに、国内外で今まで200頭以上の熊と対峙してきているので、彼らの体から放たれる匂い、雑食の習性、どんなものを好むかが経験値で分かる。それは誰かに教えてもらうものではなく、ひとつひとつ自分で体験し、積み重ねていくしか会得する手はない。そして最後の学びたいから。熊はとても知能の高い動物だ。だからこそ、彼らの行動を観察することで、今の自分に置き換えて、様々な学びがある。
少し前に書かせてもらった、熊から「考えるな、感じろ!」と怒られた体験も、コロナ禍にまみれた僕を心底救ってくれた。写真家志望の若者の皆様、少しは分かってくれたかしら?
TEN06281.jpg

熊を見つめていられるなら、僕は食べなくても、寝なくても良い。同じ空間にいさせて貰えるだけで、野生は最も大切なことをダイレクトに、こう伝えてくれる。
「感覚を信じろ、本能に従え、そして今一瞬に全力を尽くせ!」と。
             ノムラテツヤ拝
TEN06311.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋の日々 | ホーム | 知床残照>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |