fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

渡り鳥

TEN02403.jpg

渡り鳥という種族を思う。
夏はシベリアやカムチャツカ半島、朝鮮などで生活し、冬になると日本各地の決まった地へ飛来する。それだけの大移動をしてまで、日本は戻ってくる場所なのか、そして夏に向かう場所はそれほどまでして向かう場所なのか?
カモメの仲間で、北米最北端のアラスカから南米最南端のアルゼンチンまで1年をかけて渡る鳥もいるというから、きっと年中飛び続けているのだろう。
TEN02162.jpg

鳥の真意は分からないが、人間は昔からこの渡り鳥たちに恋人や愛する人を投影した。戦地へ向かったあの人がこの鶴や白鳥のように私の元へ舞い戻ってくる。だから渡り鳥を人々は大切に見守った。
こんな風に書いていて、ハッとした。そう考えれば、僕もまた渡り鳥に属する人間なのかも。常に何処かへ移動し、そこでの感動を原動力に、また別の場所へ向かう。そうか、渡り鳥も本能だけでなく、きっと行為自体そのものが楽しいのだ。
TEN02181.jpg

僕の方は今、左足が骨折しているが、空を飛ぶ翼はある。出来ないことに焦点を当てる人生よりも、出来ることに感謝できる人生を選びたい。僕はそうやって、楽しく、笑いながら、今生を飛んで行こう!
ノムラテツヤ拝
TEN02405.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宇宙へ | ホーム | オーイ・ジジイ2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |